Production method

桜食品の製法

Production method

桜食品の製法

桜食品のいぶりがっこは、まごころを込め、一本一本手作業で作ることにこだわっています。その象徴である「縄編」の作業は、今なお手作業で行われています。また、いぶりがっこを作るのに大切な「燻し」の工程も、燻煙室にぶら下げ、三日三晩かけて行っています。

What’s Iburigakko

いぶりがっことは

What’s Iburigakko

いぶりがっことは

いぶりがっことは、秋田に伝わる伝統食。冬場は積雪がある秋田では、大根の天日干しができず、屋内の囲炉裏の上で大根を干していました。囲炉裏で燻された大根を糠や塩などで漬け込んだものが、いぶりがっこです。かつては家庭の味として親しまれていました。

Product

商品について

Product

商品について

一本漬

一本漬

最もオーソドックスな一本漬。漬けた大根をそのまま真空パックにしています。お好きな厚さにカットしてお召し上がりください。

ミニサイズ

ミニサイズ

持ち運びに便利なミニサイズ。お土産としてプレゼントするのに最適です。こちらもお好きな厚さにカットして召し上がれます。

スライス

スライス

いぶりがっこを薄めにスライスし、紫蘇の実などでさらに漬け込んだ商品です。カットしなくてもすぐに召し上がれます。

一口いぶりがっこ

一口いぶりがっこ

一口サイズにカットして、個包装にしています。ドライブや遠出のときに、みんなでシェアするのに最適です。

きざみがっこ

きざみがっこ

細かめにカットし、刻み昆布と合わせた商品です。昆布の風味が良いアクセントになっています。

いぶりにんじん

いぶりにんじん

国産のにんじんを、桜や楢の木で燻し、米ぬかと天日塩や砂糖を配合した糠床でじっくりと漬け込みました。

いぶりがっこのおすすめレシピ

Recipe

Recipe 01

角切りいぶりがっこ入り
ポテサラ

洋風アレンジもバッチリ。ポテトサラダに入れることで、ポリポリの食感が楽しめます。

Recipe 02

いぶりがっこ入り
チャーハン

パラパラチャーハンに、刻んだいぶりがっこを入れると香りも食感もアクセントに。

Recipe 03

いぶりがっこ
マスカルポーネ

いぶりがっこは乳製品との相性抜群。チーズの酸味と燻した香りはお酒と合います。

Recipe 01

角切りいぶりがっこ入り
ポテサラ

洋風アレンジもバッチリ。ポテトサラダに入れることで、ポリポリの食感が楽しめます。

Recipe 02

いぶりがっこ入り
チャーハン

パラパラチャーハンに、刻んだいぶりがっこを入れると香りも食感もアクセントに。

Recipe 03

いぶりがっこ
マスカルポーネ

いぶりがっこは乳製品との相性抜群。チーズの酸味と燻した香りはお酒と合います。

商品の購入はこちら

※外部サイト「秋田ずらり」へ移動します。

Topへ